求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

IT・Web系


Cobolプログラマー【転職体験談】 知人による紹介 hitomi 女性

転職のきっかけ

知人と町でバッタリ会い、話を聞けばIT企業に勤務していると聞き、社長と会えるように話をしてみるからと紹介をしてくれた。

高校時代にプログラミングの授業をしていたので、いつかプログラマーとして安定して仕事したい気持ちもあった。

応募、内定

履歴書、経歴書を持参し直接面接してくれた。

高校時代にプログラミングをしていた事、高校生の時は得意としていて将来はプログラマーとして食べていきたいと思っていた事、専門学校に行きたかったが親から反対され、キーパンチャーになってしまった事など、諦められない気持ちを伝えた。

社長は人柄が良く話も盛り上がり即採用してくれた。

上層部の方は社長に、いきなり即決じゃなくてもう少し考えた方が良いのでは?と社長を引き止めたが社長のノリの良さには敵わず決まってしまった。

今思えば苦労する事なくIT業界に入社する事ができて本当に運が良かったとしか言えない。

請負先面接1

小さなIT会社は社内開発は行わず出向先に常駐社員として配属されて勤務する。

いくらIT企業に採用されても小さな会社は現場配属されなければ収入がない。

私を使ってくれそうな請負先を営業が紹介してくれて面接した。

私の希望とは違ってシステム保守の業務だった。

私を使ってくれるなら!とゆう思いもあったが、会話の中で開発の話を何度か出していたので営業も察知したのか面接後には、開発やりたいんでしょ?話聞いていれば良く分かるから今回は断っちゃって良いよね?と聞いてくれた。

それからはなかなか使ってくれそうな請負先も見つからず連絡を待つ日々が続いた。

請負先面接2、配属先決定

次に面接してくれた請負先は、やる気さえあれば誰でも構わない!大型案件だから大量に人が欲しい!開発教育は配属後に全面的にこっちで面倒みるから!とゆう、今では考えられない太っ腹な請負先でした。

当時はIT全盛、こうゆう請負先も珍しくなかった。

しかも私がやっていたCobolであった。

面接では高校時代にCobolプログラミングをやっていたことを伝えたら、なお良い!と言われ、即配属決定になった。

こんなことも今では絶対にありえない事で運の良さが重なった。

入社、現場勤務

まさに入社と同時に現場勤務となり、私の会社からは私だけだが、他にも複数社から計20名が一度に配属された。

みんな前職はITとは無縁、まさにスタートラインは皆、一緒。

実際の作業は過去のプログラムのリネーム作業や、設計書作成、設計書の内容をまるまるコーディング、と初心者でも簡単な作業から始まり、のちにシステムの動き、リネームしたプログラムから改修をして更に動きを付けたりと、現場の社員と同等の教育を受ける事が出来た。

のちにITバブルは崩壊、現場の規模は縮小し大勢の人間が撤退をしいれられた。

撤退すれば会社に収入がなくなるので私の給料も激減し不安定さに退職した。

現在ではどこの現場配属も出来て当たり前、高い能力者を求める所ばかりで退職後はITへの転職が出来ない状態である。

-IT・Web系

DODA(デューダ)



ここが決め手!ワンポイント
サイト上にない優良な非公開求人が多数
インテリジェンス運営で信頼性が抜群
年収査定サービスで自分の市場価値を知ることが可能





DODAには担当者が2人つく!
通常の転職サービスでは1人につき1人の担当者がつくのですが、DODAの転職支援サービスはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当がつきます。このため、企業情報をより正確に把握することができます。

キャリアアドバイザーは1対1で書類作成の方法や日程調整などを受け持ち、採用プロジェクト担当は各企業の採用担当者の求める人物像をきめ細かく把握しています。そのため、企業にマッチした採用されるコツなどを伝授してもらうことができます。

DODAのサイトで公開していない非公開求人は非常に多く、このなかに人気職種等が数多く存在します。 大手転職サービスの中でもDODAを運営するインテリジェンスはひときわ規模の大きい会社ですので、転職サービスを使う方は一度はここで相談することをおすすめします。