求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

経理


財務経理補助【転職体験談】 知人による紹介 taka 男性

転職のきっかけ

私は大学では会計学を専攻していたこともあって在学中に簿記の資格を取得しました。

そこで、卒業後に税理士を志して会計事務所に応募したのですが不採用となってしまい、あきらめて不動産の営業職として働きはじめました。

何年か勤務した後に、やはりノルマの数字を気にする営業職よりも社内で座りながら仕事をする経理につきたいという安易な理由で転職したいと思っていました。

私にとっての転機

ある日、大学の友人に紹介されて建築会社の総務の方とお会いしました。その席で「宅地建物取引主任士の資格を有する経理の女性が辞めてしまったので、同等の資格を保有している方を優先的に採用したい。」とオファーを受けたのが私にとっての転機です。

「確かに宅建の資格と簿記2級は保有していますが、簿記に関しては大学時代の昔に取得したので、お役にたてるかどうかわからない」と伝えたところ、「基本的な知識さえあれば後は教えます」との返事。しばらく考えた後に転職することを決め、そのオファーに応じました。

私は30代で経理経験は未経験だったため、このオファーは願ったりかなりでした。

しかし、やはり未経験なので入社後に迷惑や不安をかけるのではないかと不安もありましたが、ここで実務経験を積んでスキルアップすれば、後に経理としてのキャリアアップの転職は可能だろうというのが、キャリアチェンジした理由です。

入社後

現在私は、その建築会社で「財務経理補助」というかたちで働いています。

今の私の業務内容は社内で上がってくるレシートや領収書を確認して、「経理じまん」という会計ソフトで仕訳を切っていくことです。

また、経理業務だけだと時間が余ってしまうため、総務に関わる業務にも対応しています。

私は「宅建士の資格」も保有しているため、おそらく今後は不動産の案件に携わることになるかもしれませんが、今のところ特に不動産関係の業務は全く行っておりません。

間違った仕訳

働いてわかったことですが、私を採用してくれた総務経理の女性が実は間違った仕訳の切り方をしていました。少しアバウトな会計処理をしていたので、顧問の税理士に質問して不明な点を解決しています。

結局私一人で経理を行っている状態になってしまいましたが、逆にそのことが自分のスキルをアップさせてくれるいい機会だと思いました。

しかも、経理の業務内容自体が少ないため、時間に余裕があるときはゆっくりと不明点を調べることに時間を費やすことができます。また、それに対して、文句を言われないこともよかったです。

転職して変わったこと

転職したことで、大きく変わったとしたら、就業時間と給料面です。

給料は不動産営業の頃と比較して、正直な話半分近く下がりましたが、今では定時に帰ることが可能です。終電での帰宅や土日祝日に出勤していた頃と比べると、仕事以外のプライベートでも充実した生活を過ごしています。

これから転職を考える人は、目先の利益にとらわれることなく、長期的な視点と目標をもって転職を考えていただければと思います。

-経理

ジャスネットキャリア

ここが決め手!ワンポイント
経理・会計・税理士に強い
公認会計士が創業した本格派のサービス
非公開求人あり
経理・会計・税理士に強い転職サービス
ジャストネットキャリアは公認会計士が創業した経理・会計・税理士に特化された転職サービスです。 ジャストネットキャリアは転職サービスにとどまらず、実務経験を積むための教育サービスなどを展開していますので、業界の情報が多数集まってきています。 そのため、採用担当者のみならず、現場責任者から直接採用の相談を受けることがあり、この業界において他社の転職サービスとは一線を画しています。 また、面接トレーニング、キャリアシートの作成など幅広いサポートを実施しています。