求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

経理


会計・経理【転職体験談】 ハローワーク mai 女性

友人の影響でなんとなく始めた簿記

大学卒業後、金融機関に就職しました。

社会人一年目、初めはあらゆることが初めての体験で勉強の毎日でした。独り立ちできるために仕事を覚えること、上司や先輩方との人間関係の構築、自分のお給料で生活をやりくりすることなどで、毎日が必死でした。

それでも一年くらい経つと自然と一人で仕事ができるようになり、人間関係も円滑になりました。

しかし、毎日が単調に思えるようになりました。

というのは、私の就いた金融機関の仕事が常にステップアップできる職種ではなく、一日一日の業務を正確にスピーディに行うことが問われるだけで、必ずその日に完結するような仕事だったからです。

常に向上心を持ちステップアップしたいと考える私にとって、このような状況に物足りなさを感じてしまったのは致し方ないことかもしれません。

そんな時 高校の男性の友人と再会し、彼が公認会計士を目指していることを知りました。職場での業務内容の物足りなさを話すと、「簿記で良ければ教えられるから一緒にやってみないか」と誘われ、それまで全く興味がなかった簿記を始めることになりました。

簿記の楽しさを知る

まずは独学で日商簿記検定3級を目指して勉強をし始めました。始めた頃は専門用語一つ一つが初めて出会う言葉で覚えるのに必死でした。

でも、次第に会計・経理の仕組みを知るようになり、自分の金融機関での仕事とイメージをリンクさせることもできて、よりいっそう仕事に興味を持って取り組むことができました。

仕事を終えてから帰って勉強する日々。常に向上心を持っていたい自分としては充実した毎日でした。

やがて、1か月で3級に合格。その後社会人向けの学校に通い、3か月で2級に合格しました。会計・経理の仕事をするには2級程度の簿記の知識があれば十分だとは聞いていましたが、私は簿記の勉強が楽しくて1級を目指すことにしました。

3年勤めた会社をやめる

1級を目指して勉強を始めた矢先、勤めていた会社が別の会社に吸収されることになり、早期退職を募る事態となりました。そこで私は会社を辞め、しばらくは仕事をせずに簿記1級の取得を目的として勉強することにしました。

半年後、簿記1級に合格。それと同時に会計事務所への再就職の活動を開始しました。

再就職活動

簿記1級に合格した後は、税理士の勉強をしつつ会計事務所への就職活動をしました。なぜ会計事務所に就職したかったというと、もちろん簿記の知識を生かして仕事をしたかったからです。

一つの会社のみをピックアップして、経営状態について経費の細かい仕分け、ひとつひとつの経費の必要性の精査、年間通しての損益の分析など、自分ひとりでやってみたかったからです。それこそ、前職のように毎日その日に完結する仕事ではなく、長いスパンで深く掘り下げていく仕事をしてみたかったのです。

そこで「会計事務所」に絞って就職活動を始めたのですが、実際はそれほど簡単なものではありませんでした。

中途採用では検定資格よりも実務経験が問われました。会計事務所での実務経験がない私は、女性で結婚出産も懸念されるのかなかなか採用してもらえません。

それでも会計事務所への就職活動をあきらめずに続けていた結果、ある会計事務所で採用が決まりました。

希望の会計事務所に就職

採用が決まって簿記の知識だけを武器に仕事を始めました。

やはり実務は初めてのことばかりで慣れず最初は大変でしたが、徐々に仕事を任せてもらえるようになりました。

お客さんのところに訪問して経理の方とお話をしたり、できるだけその会社の経営状態が良くなるように業務を行うことは非常にやりがいを感じるものです。

厳しい状況もありましたが、あきらめず再就職活動を続けて本当に良かったと感じました。

-経理
-,

ジャスネットキャリア

ここが決め手!ワンポイント
経理・会計・税理士に強い
公認会計士が創業した本格派のサービス
非公開求人あり
経理・会計・税理士に強い転職サービス
ジャストネットキャリアは公認会計士が創業した経理・会計・税理士に特化された転職サービスです。 ジャストネットキャリアは転職サービスにとどまらず、実務経験を積むための教育サービスなどを展開していますので、業界の情報が多数集まってきています。 そのため、採用担当者のみならず、現場責任者から直接採用の相談を受けることがあり、この業界において他社の転職サービスとは一線を画しています。 また、面接トレーニング、キャリアシートの作成など幅広いサポートを実施しています。