求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

税理士


税理士法人【転職体験談】 リクナビnext kaikei 男性

大学卒業後、監査法人へ

在学中に公認会計士試験に合格し、大学卒業と同時に監査法人に勤務していました。大手であり、待遇も悪くありませんでしたが、次第に人手不足による激務と変わっていきました。

20代半ばで年収は800万貰っていたのですが、仕事内容もマンネリ化し、自分の将来にも不安を覚えるようになりました。

シニアと呼ばれる、クライアント先で若手を中心としたチームをまとめる職位に昇格し、上場企業の主査を経験したタイミングで、監査法人に見切りをつけました。

リクナビnextで転職活動

転職先では公認会計士としてのスキルと経験を活かせるように決めていました。私が好きな分野である税務を生かせる税理士法人で勤務して、ゆくゆくは独立開業も視野に入れようと考えました。

そこで、公認会計士や税理士の転職先情報が豊富であるリクナビnextに登録し、しばらくはプライベートオファーを眺める日々が続きます。

何か月か経過し、ある税理士法人からプライベートオファーが届きました。内容は、後継者募集。規模は従業員30名、税理士3名の小さな法人で、代表者は80歳越え、他の税理士も50代であるため、若手を採用して育てたいようでした。

独立開業も視野に入れていた私にとっては願っても無い内容。地方の法人でなかなか採用できていないのか、報酬も弾んでいました。地方である点が気になりましたが、悩んだ末に、チャンスに飛びつくことにしたのです。

面接&採用

リクナビnextでオファーに返信すると、即、代表者と面接することになりました。特に試験もなく、履歴書を出して15分程度の面接をし、面接官の私がオーケーなら即採用とのことでした。ただし、地方の法人ですが東京進出を考えているらしく、2年後に東京支社の所長になってもらうことが条件提示されました。

未開拓の地で、税理士経験もない私がいきなり所長。かなりのプレッシャーを感じましたが、地方から東京に戻れると考えればこの上ない条件ですし、独立開業も視野に入れているのだから、それくらい引き受けられなければなるまいと思いました。

独身でもある私は身軽ですし、所長になって無理だったらその時考えればいい!と半ば開き直りの精神で条件を飲みました。即日来てもらいたいとのことでしたが、監査法人での引き継ぎはとても大事なことなので、そのための猶予期間は必要であると説明しました。結局、3ヶ月後に監査法人を退職、税理士法人に翌日から出勤となりました。

-税理士

DODA(デューダ)



ここが決め手!ワンポイント
サイト上にない優良な非公開求人が多数
インテリジェンス運営で信頼性が抜群
年収査定サービスで自分の市場価値を知ることが可能





DODAには担当者が2人つく!
通常の転職サービスでは1人につき1人の担当者がつくのですが、DODAの転職支援サービスはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当がつきます。このため、企業情報をより正確に把握することができます。

キャリアアドバイザーは1対1で書類作成の方法や日程調整などを受け持ち、採用プロジェクト担当は各企業の採用担当者の求める人物像をきめ細かく把握しています。そのため、企業にマッチした採用されるコツなどを伝授してもらうことができます。

DODAのサイトで公開していない非公開求人は非常に多く、このなかに人気職種等が数多く存在します。 大手転職サービスの中でもDODAを運営するインテリジェンスはひときわ規模の大きい会社ですので、転職サービスを使う方は一度はここで相談することをおすすめします。