求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

秘書


社長秘書【転職体験談】 リクルートスタッフィング ななこ 女性

派遣入社の後に正社員へ

私は派遣で入社しましたが、入社後に希望していた正社員の社長秘書として配属していただきました。その当時の内容をここに書かせていただきます。

派遣会社の紹介で

「リクルートスタッフィング」という派遣会社を通して、あるコンサルティング会社を紹介していただきました。本来は「秘書業務」を希望していましたが、その会社への通勤は電車1本で通える範囲だったため、募集していた営業サポートの業種へ応募してみました。

その後、面接の話をいただいたので、派遣会社の営業さん同行で面接を受けに会社へ伺いました。当時は社長と人事課の女性がお見えになられ、大変長い時間面接をしていただきました。その面接では私自身の仕事のスキルはもちろんですが、コミュニケーションスキルを重要視していたように感じました。

面接として一般的に想定される質問以外にも色々な質問(というか雑談)を受け答えしました。その中で、私の人間性や社長との相性を見ていたようです。社長は終始黙っており、人事の女性の方と主にお話しさせていただきましたが、その女性はとてもユニークな方なので話が弾みそうになりました。ですが、そこは羽目を外しすぎない程度に慎重に言葉を選びながら受け答えをしました。

面接は無事に終了し、後日受け取った結果は合格でした。

入社&営業サポート

派遣社員としての勤務が始まり営業さんのサポート業務をさせていただきました。パワーポイントでプレゼン資料を作成したり、クライアントとのアポイントメントを取ったり、市場調査のお手伝いをしたりしました。

やがて入社して1か月程度経過すると、社長面接があるということなので社長室へ出向きました。

社長は「秘書の募集をしようと思っているのだが、あなたが適任のようなのであなたに頼みたい。是非うちの社員となって秘書課に配属させてほしい。」という内容でした。私は、元々秘書業務に憧れていましたし、正社員として雇っていただけるというお話しに大変驚き、嬉しく思いました。

そういえば・・・面接の際、興味のある職種を質問されたのですが、私は「社員さんのサポート業務」や「秘書業務」と回答したので、その言葉を社長が覚えていてくださったのかもしれません。

憧れの秘書課へ配属

その後、正社員として秘書課に配属となり社長の秘書をすることとなりました。手続きのために人事課へ行った際、面接官をしてくださった女性にお会いしました。「この度、秘書課に配属されることになりました」と報告させていただくと、「派遣社員の面接の時からあなたを秘書課へ配属すべきではないか?と思っていた。」とのことでした。

そのため、面接時間を予定より長くとり、社長とうまくやっていけるコミュニケーション能力があるかどうか?社長同席の場でじっくり話をしたということでした。

転職の際、思う職種につけないことも多いと思いますが、入社後に希望の部署へ配属となることもあるので、面接の際、希望することは話しておいた方が良いのかもしれません。

-秘書
-

DODA(デューダ)



ここが決め手!ワンポイント
サイト上にない優良な非公開求人が多数
インテリジェンス運営で信頼性が抜群
年収査定サービスで自分の市場価値を知ることが可能





DODAには担当者が2人つく!
通常の転職サービスでは1人につき1人の担当者がつくのですが、DODAの転職支援サービスはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当がつきます。このため、企業情報をより正確に把握することができます。

キャリアアドバイザーは1対1で書類作成の方法や日程調整などを受け持ち、採用プロジェクト担当は各企業の採用担当者の求める人物像をきめ細かく把握しています。そのため、企業にマッチした採用されるコツなどを伝授してもらうことができます。

DODAのサイトで公開していない非公開求人は非常に多く、このなかに人気職種等が数多く存在します。 大手転職サービスの中でもDODAを運営するインテリジェンスはひときわ規模の大きい会社ですので、転職サービスを使う方は一度はここで相談することをおすすめします。