求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

広告


広告【転職体験談】 リクナビネクスト セブンスター 女性

漠然とした不安不満からの決意

「このままここに居て、この社長についていて大丈夫か?」
長く感じていたぼんやりとした不安感から、退職願を提出。幸い実家住まいで貯金もあったので、のんびり次の就職先を探す事にしました。

いざ転職活動

とりあえずの「ハローワーク」。いくつか問い合わせてもらいましたが、ハローワークの職員を間に挟む対応にまどろっこしさを感じ、自力で探そうとWeb上の転職サービス「リクナビネクスト」に登録しました。

山あり谷あり。でも大丈夫。

希望職種・勤務地など必要情報を入力し、自分から応募すると共に、企業からのスカウトも受け付ける設定にしたところ、すぐにスカウトが。

いくつかあった業種のうち、名に覚えのある大手企業からのスカウトもありました。こちらの希望を伝え、選考を申し込みましたが、残念ながらスキルが見合わず、書類選考段階で落とされました。

結果が早いのはWeb転職サービスのいいところで、落ち込む間もなく「さあ次」と思えました。

結局、6社応募し、3社面接し、2社に内定をもらいました。

目からウロコ!選んだ理由

転職先を選んだ理由は、業務説明を受けた時、今まで手がけた事のないジャンルの仕事に不安を覚え、それを正直に社長に伝えたところ(面接は社長と直接行っていました)、「同じ仕事をするなら前の会社のままでよかった。転職するのだから、新しい事にチャレンジするチャンスがあるって事じゃないか」と問われ、目からウロコな思いがしました。

不満を解消したくて転職を探していたけど、自分のスキルは活かしたい。活かすなら同業種で…という意識があったので、社長の一言にもっともだと、この会社に決めました。

募集要項に「残業あり」とありましたか、偽りなく、がっつり残業ありました。

正直、とんでもないところに転職してしまったと感じました。

しかし、そんな会社で勤め続けれたのは、誰よりも働く社長が社員ひとりひとりをよくみていて、作業にかかった時間ではなく、内容で評価をしてくれたところです。

結果は右肩上がりの会社の業績と、転職前からずいぶん増えた年収が証明してくれました。

転職。私は正解でした。

転職してみて感じたのは、会社にはそれぞれ濃い文化があり、それを作っているのは上司であり、社長です。

経営方針に疑問を感じたり、評価されてないと感じるのであれば、思い切って飛び出してみると、案外いい縁に恵まれるかもしれません。慣れた古巣から、外界に飛び出すのは不安でしたが、結果として転職して良かったと感じる今が、選択は間違ってなかったと教えてくれている気がします。

-広告

マスメディアン

ここが決め手!ワンポイント
広告・Web・マスコミ専門
宣伝会議、販促会議等の専門誌を取り扱い
経営者や部門責任者からの依頼あり
広告・Web・マスコミの求人情報
マスメディアンは宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などの専門誌を発行しています。 そのネットワークを生かし、広告・Web・マスコミで独自の優良案件を多数紹介。 出版・新聞 テレビの転職案件はもちろん、CM・映像・クリエイティブ・マーケティングなども多数取り扱っています。 また、企業面接ではキャリアコンサルタントが同席。各企業の面接現場を熟知しているために事前に的確なアドバイスが受けられます。