求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

IT・Web系


プログラマー【転職体験談】 知人による紹介 Muu 女性

うちの会社に来てみない?紹介制度があるんだよね

いつものように、大学時代の同級生で仲の良い友人とご飯を食べていたとき、話はお互いの仕事のことになりました。私は、その当時働いていた会社の雰囲気や周りの人は好きだったのですが、なんせ給料が安いことに不満を抱えていました。

また、女性として長く続けられるかも不安でした。というのは、特にプロジェクトが佳境になってくると、残業時間は深夜に及び、朝方、始発電車で帰ることもたびたび。このままじゃ、結婚できたとしても、子供を産むなんて到底難しい。今の会社には長く入れない、と思っていたのです。

そんな話をすると、友人が突然、「じゃあうちの会社で働いてみない?人材紹介システムみたいなのがあって、紹介すると私もお得だし」と切り出しました。

最初は冗談かと思っていましたが、話を聞いているうちに、段々と悪くはないかも、と思えてきました。

WEB系の人材を募集している企業

友人(彼女自身は人事部なので、エンジニア職ではありませんが)の働いている大手IT企業では、現在WEBデザイナーやプログラマーを募集しているとのことです。

私は、WEB開発の経験がそれなりにあり、最近ではプロジェクト管理なども携わっているので、きっと受かるというのです。また女性でも、家庭とキャリアの両立をしている人が多く、子育てをしている管理職の割合も高いというのです。

まずは会社説明会。そこからのエントリー

紹介システムでも、当然普通の応募と同じようにレジメや職務経歴書は必要です。とりあえずそれらをそろえると、また友人から連絡があり、「会社説明会のようなものがあるから、それに行ってみる?」と聞かれました。

実は、友人からの説明だけではやや不安(彼女自身はシステム開発のプロジェクト経験がないため)だったため、自分なりにその会社の情報についてはネットで調べてみたのですが、やはりできれば現場の人の話を聞きたいと思い、説明会に行くことにしました。

説明会では、人事部の人のほかに、現場でエンジニアをやっている人が何人か来ており、どういったプロジェクトがあって、どういう感じに仕事をしているかを話してくれました。

女性プログラマーの人も話をしてくれました。その人は子供を産んだ後、1年後に時短で復職し、仕事をしているということでした。説明会の後半のフリートークで、その女性のもとに近づき、いろいろと気になっていることを質問しました。

育児とキャリアアップの両立の具体的な話、社内の女性比率、出張や転勤の多さなど、思いつくままに質問をし、かなり丁寧に答えてもらいました。

面接のセッティング

もちろん、転職ということで多少の不安は最後まで残りましたが、少なくともその当時働いていた会社よりは、社内制度もしっかりしていそう、と思い、説明会の後にすぐ、応募をしました。応募後、1週間後に一次面接の連絡が来ました。こちらの都合のよい時間を返信すると、すぐに面接日程が決まりました。

面接では、主にその当時やっていた仕事内容について聞かれました。プロジェクトの規模や領域、プロジェクト内での役割や保有スキル。そういったものをかなり具体的に聞かれました。いくつか答えられない、あるいは経験していない分野もあり、「これは、落ちたかな」と思いました。

1か月で内定

が、しかし、実際にはどうにか受かっており、すぐに次の面接がセットされました。

面接は全部で3回あり、最後は部長クラスの人との面接で、一番短かく、30分程度で終わりました(おそらく、最終確認のようなものだったのだと)。部長クラスの人との面接が終わると、その日の夜に人事部の人から電話があり、「内定です」と言われ、そのスピード感に驚きました。

なるべく早く来てください、と言われ、1か月半後に入社する方向で調整を開始しました。当時の職場の人に辞めることを伝えるのがかなりつらかったですが、一度話してしまうと割とすっきりして、あとは新しい職場のことだけを考えるようになりました。新しい職場は、最初は溶け込むのが少し大変でしたが、半年もするころにはだいぶ、社内用語や会社の仕組みのようなものにも慣れてくることができました。

-IT・Web系

DODA(デューダ)



ここが決め手!ワンポイント
サイト上にない優良な非公開求人が多数
インテリジェンス運営で信頼性が抜群
年収査定サービスで自分の市場価値を知ることが可能





DODAには担当者が2人つく!
通常の転職サービスでは1人につき1人の担当者がつくのですが、DODAの転職支援サービスはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当がつきます。このため、企業情報をより正確に把握することができます。

キャリアアドバイザーは1対1で書類作成の方法や日程調整などを受け持ち、採用プロジェクト担当は各企業の採用担当者の求める人物像をきめ細かく把握しています。そのため、企業にマッチした採用されるコツなどを伝授してもらうことができます。

DODAのサイトで公開していない非公開求人は非常に多く、このなかに人気職種等が数多く存在します。 大手転職サービスの中でもDODAを運営するインテリジェンスはひときわ規模の大きい会社ですので、転職サービスを使う方は一度はここで相談することをおすすめします。