求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

マスコミ


インターネットサイト記者【転職体験談】 リクナビNEXT はん 女性

フリーターからの就職

大学を卒業してからしばらくの間、学生時代の専門分野で培った写真や画像等の制作をしながらアルバイト生活をしていました。

芸術系の大学だったため、周囲では就職せずに自分の作品を制作し続ける人が多くいました。そのため、焦りもありませんでした。しかし、卒業して2年ほど経って焦りを感じてきました。

店舗で接客する仕事も好きでしたが、「できることなら今までやってきたように何かを作る仕事がしたい」と考えていました。

ハローワークで仕事を探したりしましたが、面接をした際に経歴を見て「あなたが思うようなクリエイティブな仕事ではないよ」と言われたりもしました。

それでもインターネットでいろいろ見ては仕事を探していました。

ある日、リクルートのサイトで「記事制作、写真撮影、画像加工など一人で色々できます」という内容に惹かれ、芸能系ニュースサイトを運営する会社を受けることにしました。

会社の「求める人材」は意外なものだった

面接は今までの形式的なものと違って、向こう側の熱意も感じる手応えのあるものでした。

結果的に、その場で採用が決まりましたが、あとあとになって「即戦力になる経験者もいたが、あなたの熱意が伝わってきた」と言われました。

会社は小さいチームなのでリーダーの人はまだ若く、「年上でクセのある業界経験者よりも、若手の方がチームがまとまりそう」という会社側の意向もあったのだと思います。

このとき、普通なら即戦力を求められそうですが、会社によっては即戦力の人より、未経験の人が好まれる場合もあるのだなぁと思いました。会社の求める人材が意外なものだったりするので、なにがマッチするのか、求人広告の内容を見ただけでは分からないことがあります。

就活のコツ、数打ちゃ当たる?

就職活動を振り返ってみて、とにかく求人広告に目を配ることが大切だと思いました。

世の中には数多くの求人サイトがありますが、人気職種の求人はすぐに決まって消えてしまうこともあります。興味のある業種をとにかくひたすらチェック。「これだ!」と思う会社に即応募。

私の場合はスピード重視で履歴書もパソコンから出力したものでした。「思いが伝わるように、性格が伝わるように、履歴書は手書き!」という風潮は未だにあります。でも、業種にもよるのでしょうが、パソコンでも大丈夫な業界はあると思います。

就活はお互いのマッチング作業

面接を受けて落ち続けると、「また自分は選ばれなかった」と自分の全てが否定されたような気になりがちですが、それは違います。単に、仕事という一面で会社の求める人材ではなかったということ。

就活とは恋愛のようなもので、片思いだけでは成り立たない、もしごり押しして付き合うことができても、それは長続きしません。
いかにお互いに合致した会社を見つけて長続きできるか?そのためのお互いのマッチング作業です。

-マスコミ
-

DODA(デューダ)



ここが決め手!ワンポイント
サイト上にない優良な非公開求人が多数
インテリジェンス運営で信頼性が抜群
年収査定サービスで自分の市場価値を知ることが可能





DODAには担当者が2人つく!
通常の転職サービスでは1人につき1人の担当者がつくのですが、DODAの転職支援サービスはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当がつきます。このため、企業情報をより正確に把握することができます。

キャリアアドバイザーは1対1で書類作成の方法や日程調整などを受け持ち、採用プロジェクト担当は各企業の採用担当者の求める人物像をきめ細かく把握しています。そのため、企業にマッチした採用されるコツなどを伝授してもらうことができます。

DODAのサイトで公開していない非公開求人は非常に多く、このなかに人気職種等が数多く存在します。 大手転職サービスの中でもDODAを運営するインテリジェンスはひときわ規模の大きい会社ですので、転職サービスを使う方は一度はここで相談することをおすすめします。