求人情報登録WEB

人気の求人サイト・転職体験談など

アパレル


アパレル【転職体験談】 とらばーゆ you 女性

転職のきっかけ

もともとファッションが好きで、アパレル業界への関心を持っていました。

そのようなこともあり、当時は営業職についていたにもかかわらず、扱っている商品に対してそこまで愛情を持つことが出来ませんでした。営業職もアパレル販売も物を売ることは同じなので、「どうせ売るなら自分が好きな物を扱いたい」という思いから転職を決意しました。

上司に退職の意向を伝えた上で、半年後の退職を決めました。

転職サイトを選ぶ

「アパレル業界への転職」と決めていたので、女性向けの求人やアパレル関係の求人が多い「とらばーゆ」を利用しました。実際、その他に拝見したサイト「はたらいく」や「リクナビ」などに比べて、求人の分野が絞られていて見やすかったです。

求人への応募は退職日の2〜3ヶ月ほど前から始めました。実際に応募したのは3社ほどだったと思います。

転職先の会社を選んだ理由

転職先に選んだのは小規模のアパレルメーカーでした。

規模の小さな会社なので一人一人が担う業務の幅が広く、生産、卸売り、店舗運営など様々な業務に携われるチャンスがあり、前職の営業の経験も活かせると思ったからです。

ブランドの世界観にも共感できましたし、前職の経験も活かしながらアパレルという新たな業界での経験も重ねていけるという点が決め手になりました。

面接で気を付けたこと

アパレルでの職務経験はありませんでしたが、営業職=物を売るという仕事なので、共通する部分をアピールしました。

中途採用を行う企業というのは少なからず即戦力として活躍できる人材を求めていると思ったので、未経験の部分もこれまでの経験を活かしてカバー出来るという点を伝えました。

もともと人と話すことは好きで、コミュニケーションには自信があったので、面接ではそれを接客販売に活かしたいと述べました。出来ないことや未経験の部分は隠さずに伝えましたが、それを補う部分を合わせて伝えるように心掛けました。

その甲斐あって、無事に内定の連絡をいただきました。

転職してみた感想

これまでの経験を活かせた部分もあれば、まったく通用しない部分もありましたが、新しいことを学びながら仕事をしていくことは楽しいです。

アパレル業界は見た目の華やかさとは裏腹に、地道にコツコツとやっていかなければならない部分も多いです。

給料も良いとは言えませんし、残業も多かったり、福利厚生が充実しているとも言いがたいです。それでも好きなものを扱っている毎日は充実しています。

好きなものが同じ仲間と仕事ができているというのも幸せなことだと思えます。「好き」というだけではやっていけないですが、「好き」という部分があるから続けていけるのだと思います。

-アパレル
-

DODA(デューダ)



ここが決め手!ワンポイント
サイト上にない優良な非公開求人が多数
インテリジェンス運営で信頼性が抜群
年収査定サービスで自分の市場価値を知ることが可能





DODAには担当者が2人つく!
通常の転職サービスでは1人につき1人の担当者がつくのですが、DODAの転職支援サービスはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当がつきます。このため、企業情報をより正確に把握することができます。

キャリアアドバイザーは1対1で書類作成の方法や日程調整などを受け持ち、採用プロジェクト担当は各企業の採用担当者の求める人物像をきめ細かく把握しています。そのため、企業にマッチした採用されるコツなどを伝授してもらうことができます。

DODAのサイトで公開していない非公開求人は非常に多く、このなかに人気職種等が数多く存在します。 大手転職サービスの中でもDODAを運営するインテリジェンスはひときわ規模の大きい会社ですので、転職サービスを使う方は一度はここで相談することをおすすめします。